共同研究での論文掲載③/Publication of papers in joint research③

*プログラム可能なアーキテクチャの実装:動的構造とのワイヤレス相互作用

アーキテクチャの真の適応性には、動的なハードウェアとソフトウェアの両方が必要であり、理論的に最適な1つのソリューションに頼ることなく、要求と条件の変更に必要なすべての可能なバリエーションが可能な継続的に再生可能なフォームの可能性がある。 PAは、含まれる環境内で一定の恒常性を維持する自律システムと従属システムの両方で構成されている。遺伝的アルゴリズム(GA)とユーザー入力の間の情報の流れにより、このハイブリッドシステムは、環境刺激に合わせて継続的に最適化しながら、結果として変化し続ける物理的形態を生成するように促される。ここでは、K。Hottaのプログラマブルアーキテクチャ(PA)のコンテキストで、人間のインタラクティブサイバネティックアーキテクチャのスマート戦略を提案。これは継続的な自己モデリングにおけるGAの機能を強化し、人間とコンピュータのインターフェイスを促進することを目的としている。
http://papers.cumincad.org/cgi-bin/works/paper/caadria2016_291

*Title;The Implementation of Programmable Architecture: Wireless Interaction with Dynamic Structure
Summary;True adaptability in architecture necessitates both dynamic hardware and software with the potential for continually renewable forms capable of all possible variations necessary for changing de- mands and conditions, without having to resort to one theoretically optimal solution. PA consists of both autonomous and subservient systems that maintain a constant homeostasis within its contained en- vironment. The information flow between the Genetic Algorithms (GA) and user input prompts this hybrid system to generate the conse- quent, ever-changing physical form, while continuously optimizing it for environmental stimuli. This paper proposes a smart strategy for a human interactive-cybernetic architecture in the context of K. Hotta’s Programmable Architecture (PA), aimed at enhancing GA’s capabili- ties in continuous self-modelling and facilitating human-computer in- terface.

http://papers.cumincad.org/cgi-bin/works/paper/caadria2016_291

#Humancomputerinteraction #userinterface